各協議会が開発した、とっておきレシピをご紹介します!

行政栄養士協議会編

  • 里芋の焼きコロッケ
  • まいたけと小松菜のおひたし
  • かぼちゃと卵のサラダ
  • にらと春雨のスープ
  • 焼きごまもち
<<里芋の焼きコロッケ>>
recipe_gyousei01
材料 可食量 作り方
さといも
豚ミンチ
玉ねぎ
にんじん
ひじき(乾)
塩・こしょう
植物油
片栗粉
小麦粉
植物油
○ソース
○ケチャップ
300g
200g
100g
50g
4g
少々
小さじ2
大さじ2
大さじ3
小さじ4
小さじ2
小さじ4
  1. さといもは、皮をむいて茹でる。
  2. 竹串が通るくらいまでゆでたら、ざるに上げ、水気
    をよくきり、熱いうちにつぶしておく。
  3. 玉ねぎ、にんじんはみじん切り。
  4. ひじきは水でもどしておく。
  5. 2、3とミンチは油で炒めて、塩こしょうをしておく。
  6. 1と4と片栗粉をよく混ぜ合わせ、小判型にまと
    める。
  7. 小麦粉をまぶして油を熱したフライパンで、こんがりと焼く。
  8. 器に盛り、Aをかける。
<<まいたけと小松菜のおひたし>>
recipe_gyousei02
材料 可食量 作り方
まいたけ
小松菜
Aだし
A薄口しょうゆ
Aみりん
B水
Bサラダ油
B塩
100g
200g
カップ1/2
大さじ1
大さじ1
カップ3
大さじ1/2
小さじ1
  1. まいたけは石づきを除き、食べやすくほぐす。小松
    菜は4cm長さに切る。
  2. Aを合わせておく。
  3. 鍋にBを煮立て、まいたけを茹でる。火が通ったら
    小松菜の軸を入れ、ひと息おいて葉を加えてさっと
    茹でざるに上げて冷ます。
  4. 3の水気を絞ってボウルに入れ②の1/3量をかけ
    て軽くあえ、汁けをきる。
  5. 残りの2であえる。
<<かぼちゃと卵のサラダ>>
recipe_gyousei03
材料 可食量 作り方
かぼちゃ

玉ねぎ
マヨネーズ
カレー粉
みじんパセリ
200g
2個
100g
40g
小さじ1/2
適量
  1. かぼちゃは、種とわたを取って皮をむきやわらかく茹で、つぶしておく。
  2. 卵は固ゆでにして殻をむき、乱切りにする。
  3. 玉ねぎはみじん切りにして、ふきんに包んで流水の下でもみ洗いし、臭みを抜いて、水気をきる。
  4. ボウルにマヨネーズとカレー粉を混ぜてあえる。
<<にらと春雨のスープ>>
recipe_gyousei04
材料 可食量 作り方
にら
春雨
桜えび
しょうゆ

こしょう
A鶏ガラスープ
A水
40g
30g
小さじ2
小さじ1
小さじ1/3
少々
小さじ1/2
カップ3と1/2
  1. 春雨は熱湯に入れて戻し、食べやすく切る。
  2. にらは3cm長さに切る。
  3. 鍋にAを入れ沸騰したらしょうゆ、塩、こしょうで味を調え、1、2、桜えびを加えさっと煮る。
<<焼きごまもち>>
recipe_gyousei05
材料 可食量 作り方
A白玉粉
A砂糖
Aにんじん
Aスキムミルク
A乾燥パセリ

炒りごま
植物油
しょうゆ
砂糖
160g
40g
40g
大さじ2
適宜
80㏄
大さじ5
大さじ1
大さじ1
10g
  1. にんじんはすりおろす。
  2. Aを合わせ水を少量づつ加えて混ぜる。少し固めが良い。個数分に分け丸め、上下を押して平らにし両面にごまをまぶす。
  3. フライパンに油を敷き、2を弱火で焼く。裏返してふたをして、つやが出るまで焼く。
  4. しょうゆと砂糖を混ぜておく。
  5. 3の熱いうちに4を塗り、自然に乾かす。

生涯教育

ceinfo 大分県栄養士会が開催している生涯教育についてご紹介!
栄養士としてのスキルアップを目指しましょう!

生涯教育とは

ダウンロード

icon_download入会申し込み書や栄養指導媒体など、様々な文書や書式をダウンロードできます。

ページはこちら

s_oitafood大分ふ~どは 「だんご汁」「ごまだし」「とり天」「はりはり」「やせうま」「きな粉団子」などなど 大分県を代表する49種類の郷土料理レシピを紹介しています。

購入ページへ

s_oitafood大分県栄養士会がご紹介する厳選レシピを収載!料理の苦手な方でもかんたんに栄養満点料理を作れちゃいます!

ページはこちら

s_leaf_sports 大分県栄養士会では栄養と食事に関する様々なリーフレットを作成しています。リーフレット購入の際には栄養士による講話も行っています。

詳細ページへ

役立つレシピ集

s_yakudatu 大分合同新聞社『月間ミックス』などで大分県栄養士会がこれまでに発表してきた様々なお役立ちレシピを数多くご紹介します。今晩のおかずから介護食まで、幅広いレシピをご活用下さい!(旧コンテンツ)

続きを読む